TAKAHASHI Animal Hospital
高橋動物病院

ブログ

2018年04月13日

狂犬病予防の季節です

こんにちは、看護士の茂田です!

4月も半ばになり、少しずつ暑さを感じる日が増えて来ましたね。

病院もそろそろ冷房をかける季節です。

さて、皆さまもう狂犬病の予防接種は済ませましたでしょうか?

狂犬病の予防は法律で定められていて、生後91日以降のワンちゃんはワクチンを接種し、市町村に登録することを義務付けられています。

狂犬病は人間にも感染する病気で、発症してしまうと、なんと致死率約100%なんです。

日本は狂犬病清浄国といって、何十年も国内発生がありませんが、本当にとても怖い病気なので、国内発生を防ぐためにも法律で接種してください、と決めてあるんですね。

我が家は市の集合注射へ行ってきました!

あまり病院や注射を怖がらない子なので、行くときも帰るときもけろっとしています。

毎年4月初めから半ばにかけて、各自治体が集合注射を行なっているのですが、もちろん病院でもワクチンを打つことが出来ます。

(集合注射は各病院の院長先生が打っているので、実は豪華メンバーだったり…)

集合注射ではちょっと心配、高齢だったり持病があったりで打っていいか分からない、集合注射と予定が合わないなど、お気軽に病院にお越しください。

加須市内にお住まいの方は、市から届いた葉書をお持ち頂ければ、病院で登録代行が出来ますので、一緒にお持ちください。

市外にお住まいの方には証明書をお出しします。

もう接種を済ませた方は鑑札や今年度の済票、シールなど大切に保管又はワンちゃんの首輪などにつけてあげてくださいね!