内視鏡検査・手術

ENDOSCOPE

腹腔鏡手術・尿道鏡・膣鏡

腹腔鏡を用いた手術は傷が小さい・傷の治りが早い・痛みが少ない・大きな視野で手術が行えるなど様々なメリットがあります。一方で腹腔鏡を操作するには技術が必要で、機械も高価などの欠点もありますが、当院ではわんちゃねこちゃんの避妊手術や腹腔内陰睾、膀胱結石、胆嚢摘出、肝臓・腸・リンパ節の生検なども腹腔鏡下で行っております。 また、腹腔鏡と同様の機械を使用して尿道や膣からカメラを入れることで異常を見つけたり腫瘍の生検などを行うこともでき、低侵襲・短時間で検査を行うことが出来ます。

腹腔鏡下子宮卵巣摘出術の様子

卵巣を鉗子で牽引しながらシーリングシステムを用いて切除していきます。

腹腔鏡を用いた腹腔内陰睾の様子

腹腔内に残ってしまった精巣を小さな傷で切除することが出来ます。

腹腔鏡下胆嚢摘出の様子

胆嚢を包む膜を様々な器具をもちいてはがしていき、胆嚢を切除していきます。

膀胱・尿道結石摘出の様子

様々な形・大きさの結石を残すことなく取り除くことが出来ます。また、尿道まで観察することが出来るので、尿道での取り残しなども防ぐことができます。

鼻腔鏡

麻酔下で鼻にレンズの付いた細い管を入れ、鼻の奥の検査をします。レンズを通し、鼻の内部の様子を大きくモニターに映し出すことによって、鼻腔を詳しく観察することができます。内部の観察がしづらい鼻の中を、レンズを通し直接観察できるのでCTなどの検査に加え行うことによって、異常部位の発見に繋がる可能性があります。また、内部の観察に加え、細胞の採取を行うことや鼻腔の異物を取り除いたりすることも出来ます。
慢性的なくしゃみ、鼻汁、鼻血や異物吸引の疑いがある場合に用いることがあります。

鼻腔の様子

内視鏡検査

先端にレンズのついた細長い管(内視鏡)を用いて行う検査です。異物の誤飲(ボール、ぬいぐるみ、ボタン、お金など)の摘出や慢性の下痢や嘔吐などの消化器疾患の検査として行います。消化器疾患の検査としては、胃や腸の組織を採取し病理組織検査を行ったり、粘膜組織を直接肉眼で確認したりします。開腹せずに麻酔下で行うことができるので、動物にかかる負担が比較的少ない検査です。

胃内にある異物

消化器疾患を持った症例の腸内

耳道内視鏡検査

麻酔をかけて行う、耳の内視鏡の検査です。耳の奥の鼓膜まで、鮮明に観察することができます。難治性の外耳炎の耳道深部や鼓膜の評価、異物の除去、耳道内の腫瘍の切除や生検をするときに用いられます。通常の洗浄や薬で治らなかった外耳炎の症例の耳道内をより細かく観察し、徹底的に耳垢を取り除く事で、耳道の環境を正常化することができます。

耳道内の洗浄を行っている様子

耳の中に内視鏡を入れている様子