健康診断

HEALTH

健康診断について

健康診断とは診察や検査、問診などでワンちゃん猫ちゃんの成長や状態を確認し、その健康の維持や病気の早期発見へ役立てるものです。
健康診断の最大のメリットは、病気の早期発見です。重篤な病気であっても初期段階で発見できれば大事に至らない事もありますし、早期治療へと繋がります。
また、病気に罹っていないとしても、皮膚の状態や体形などの診断結果をもとに、日常生活に対するアドバイスを行い病気の予防にも尽力しております。

犬の健康診断

受診頻度の目安

・パピー時期~5歳頃
年1回、フィラリアの血液検査と一緒に行うのがおすすめです。

・小型犬/中型犬7歳~
1年に1回~2回

・大型犬5歳~
犬の1年は人の4年~6年に値し、何か患っていた場合は症状が進行し、目に見えた変化がおきてから発見されることが多いため、人間以上にこまめに健康状態を把握する必要があります。

ワンちゃん用各コース紹介

・シルバーコース:12,000円
血液検査(血球計算・生化学検査ケム10)、糞便検査、尿検査、口腔内チェック、レントゲン検査(胸部)、エコー検査(腹部)

・ゴールドコース:17,000円
血液検査(血球計算・生化学検査ケム15)、糞便検査、尿検査、血圧測定、心電図検査、レントゲン検査(胸部・腹部)エコー検査(腹部)

・プラチナコース:32,000円
血液検査、甲状腺ホルモン検査、糞便検査、尿検査、血圧測定、心電図検査、レントゲン検査(胸部・腹部・関節)、エコー検査

※どのコースにも健康診断結果からその子に合ったフード又は、サプリメントを差しあげます。

検査内容について

  • ・血液検査:貧血のチェックや内臓疾患について調べます。
  • ・尿検査:尿中の成分から腎臓病、糖尿病、肝臓病、膀胱炎などを調べます。
  • ・糞便検査:寄生虫の有無を検査します。
  • ・レントゲン:
    胸部:肺、心臓を撮影し、臓器の形や大きさの異常、腫瘤の有無を調べます。
    腹部:肺、心臓以外の臓器の形や大きさの異常、腫瘤の有無を調べます。
    関節:関節症のチェック
  • ・エコー検査(超音波検査):臓器内部の構造や働きを検査します。
  • ・心電図検査:不整脈の鑑別、心臓病を調べます。
  • ・血圧測定:低血圧や高血圧を調べます。
  • ・甲状腺ホルモン検査:ホルモン異常の検査です。

注意事項とお願い

  • ・健康診断は予約制です。事前に受付またはお電話にてご予約ください。
  • ・当日はワンちゃん猫ちゃんの朝ごはんは抜いてお越しください。
  • ・診察時間内の午前中にお預かりし、午後のお迎えとなります。
  • ・可能であれば当日の尿と、便をお持ちください。

犬年齢表

      
小型犬 中型犬 大型犬
2ヶ月 3歳 3歳 1歳
6ヶ月 9歳 9歳 6歳
1歳 17歳 16歳 12歳
3歳 28歳 28歳 26歳
5歳 36歳 38歳 40歳
7歳 44歳 46歳 54歳
10歳 56歳 63歳 74歳
13歳 68歳 78歳 96歳
15歳 76歳 88歳 110歳
17歳 84歳 98歳 124歳
20歳 96歳 113歳 145歳

猫ちゃん用の健康診断

受診の目安

・シルバーコース:12,000円
生後半年〜1歳未満の子猫や、避妊去勢前の検診におすすめ。

・ゴールドコース:17,000円
1歳~7歳の子。猫に多い下部尿路疾患の早期発見におすすめ。

・プラチナコース:32,000円
7歳以上のシニアの子。腎臓をしっかりチェックします。

      
検査項目検査内容 シルバーコース ゴールドコース プラチナコース
12,000円 17,000円 32,000円
血液検査 貧血チェック、内臓疾患の検査
糞便検査 寄生虫の有無の検査
腹部超音波検査 臓器内部構造や働きについての検査
腹胸部レントゲン 胸部(肺・心臓)、腹部を撮影し、
臓器の大きさの異常や腫瘍の有無を確認
関節レントゲン - -
尿検査 尿中の成分から腎臓病・糖尿病
・肝臓病・膀胱炎などを確認
-
心電図検査 不整脈の鑑別、心臓病の検査 -
血圧測定 低血圧、高血圧の検査 -
SDMA検査 腎臓病の早期発見に重要な検査 -
電解質 体液中のイオンバランスチェック、
腎臓病の早期発見に有益
- -
心臓超音波検査 心臓の血流や形態の異常をチェック - -
甲状腺ホルモン検査 高齢猫に多いホルモン異常の検査 - -

手軽にご受診いただけるコースもご用意しています。
・腎臓・心臓コース:6,000円

なお、検査結果は当日にご報告いたします。

※それぞれに下記検査を追加することができます。
・猫エイズ白血病(血液検査):4,000円
・心臓病スクリーニング検査(血液検査):4,000円